自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥・多動性障害!離婚と発達障害の関係性

自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥・多動性障害を持つ子供がいる場合、両親が離婚しているとそれが原因でないかと考える方やそれで悩む方が多くいます。しかし、最近では家庭環境は発達に影響を与えるけれども原因ではないということが言われています。親が子どもに関わらないことや、両親が喧嘩ばかりをしている状況は悪影響を与えるといえますがしかし、同じ状況であってもすべての子どもの発達に障害が起こるとは言えません。しかし、子供の発達について考えるのであれば現在のかかわり方を見直すことはとても大切です。両親の諍いが絶えないことよりも離婚によって親がしっかり子どもと向き合うことができる場合にはそれが良い影響を与える場合もあります。しかし、このような障害を持った子供は、自分の思いを表現するのが苦手ですので親が本人が理解できるような方法で、なぜ離婚に至ったかを根気よく伝えていくことが重要です。そうでないと、子供は両親がなぜ喧嘩しているのかわかれてしまったのかについて自分の中で考えその結果自分のせいで両親が分かれてしまったと感じてしまうことがほかの子どもより多いといえます。発達障害のあるお子さんへは、そうでない子供以上に配慮が必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿