遺言をのこすと良い理由

高齢によって死期を控えている人などが、この世から旅立つにあたっての最終的な意思表示として行うのが遺言で、相続人による死後の遺産分割などにあたっても、その内容が優先されますので、積極的にのこしておいたほうがよい場合があります。
例えば、家族・親族間の仲が悪かったり、遺産があまりにも多いといった場合があります。こうした場合、さまざまな利害関係者が入り混じって、遺産分割をめぐるトラブルになることが容易に想定されます。特に、遺産分割協議というのは、相続人全員が同意をしなければ成立しないため、もし不調であれば家庭裁判所への申立てによる調停や審判などの手続きが必要になってしまい、なかなか解決しないといったことにもなりかねません。そこで、被相続人があらかじめみずからの意思を示して、相続が円滑に進むように道筋をつける必要があるのです。
また、家族・親族以外にも遺産を贈りたいといった人がいる場合も挙げられます。何もしなければ死後に法定相続人によって分割されてしまう遺産も、もし被相続人があらかじめ指定しておけば、生前世話になった人などに法律上の遺贈としてのこすことができます。また、愛人との間にできた子供などがいる場合は、認知をして相続権を認めることもできるようになっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿