ついうっかり!守秘義務の違反の罰則とは

裁判員裁判が行われるようになり、いつ自分が裁判員に選出されることになるかわかりません。そこで知っておかなければならない重要な義務「守秘義務」について解説したいと思います。まず、どのようなことが「守秘義務」として他に漏らしてはならない事項となるかを説明します。それには2種類あり、「評議の秘密」と「評議以外の裁判職務を行うに際して知った秘密」とがあります。「評議の秘密」とは、結論に至るまでの評議の過程や、裁判員や裁判官が述べた意見についてや、多数決の数などが該当します。後者は、事件に関する人物のプライバシーに関する事項、裁判員名などが該当します。これらの守秘義務として他に漏らしてはならない事項を知らずに、他人に話してしまった場合には裁判員を解任されることがあります。また罰則として、6ヶ月以下の懲役や50万円以下の罰金に処せられる場合もありますので、裁判員としての自覚をしっかり持ち、裁判上知り得た情報は決して他に漏らさないという高い意識が必要です。守秘義務の該当とならないケースとしては、裁判員として参加した感想を述べることや、公開の法定で見たり聞いたりしたことが挙げられます。守秘義務の対象となる事項と、それ以外の事項を十分に把握して、裁判員としての職務を行いましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿