低収入と高収入、どっちの収入の妻が離婚率が高いの?

最近の男性は、妻に仕事を辞めずに働き続けることを求めます。一昔前は、結婚したら、専業主婦になって、家のことを任せることが一般的でした。ところが今は違います。共働きが一般的です。住宅ローンや、教育費など、夫婦で家計を担います。
ところが、家のことは、男性がしないで、奥さんが行うのは、昔のままです。
家事が大好きだったら、問題ありませんが、家事が苦手だったり、仕事が忙しい女性なら、家のことをやるのが負担になるでしょう。
毎日のことなので、奥さんはかなりの負担を強いられます。手伝ってくれるような旦那さんなら、理想ですが、一般的には、旦那さんは手伝ってくれず、奥さんだけが家事を強いられています。
もし、旦那さんのほうが高収入なら、まだ、家庭はうまく回るかもしれません。
ところが、奥さんのほうが高収入で、旦那さんが低収入だったらどうでしょう。
高収入ということは、それだけ、働いているということです。一生懸命働きながら、家事をこなしています。
低収入な旦那さんのフォローが全くなかったら、どうしますか。相手と別れても、特に生活に困らなければ、別れを選択する奥さんが多いのではないでしょうか。年収で、離婚率はだいぶ違います。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿