借金も相続する必要があるの?

人が亡くなって相続するということは、財産も借金もすべて含まれます。負債が多い場合には、相続者の負担があまりにも大きくなるので、相続することを知った時から3ヶ月以内は相続の放棄が可能です。但しどちらか片方だけということはできません。
相続または放棄するときは、故人の正も負も含めた財産をきちんと調べることが大切です。
正の財産は現金だけが対象ではありません。土地などの不動産や高額な宝石、絵画なども含まれます。
負の財産は、金融機関や個人の請求書などを鵜呑みにしてはいけません。本当に借りたのか、いつ借りたのか、利子はどれくらいなのか調べます。お金の返済には時効があり、不当な利子がかけられている場合もあります。
悪質な金融業者は、相続を決める3か月を過ぎたころに請求書を送ってくる場合があります。その場合は、あきらめてはいけません。負債を知ることができなかったなどの特別な事情がある場合には、3ヶ月以上たっていても、裁判所が相続放棄を認めてくれる場合があります。
いずれにしても、3か月という短い期間で決断するのは難しいことです。生前に家族できちんと情報を共有しておくこと、死後のスムーズな調査を行うことが大切です。そして、「死後にすぐに財産を使わないこと」というのも大切なポイント。1円でも使ってしまったら、相続したと認められてしまい、放棄ができなくなります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿