相続できる財産って?

相続というのは、被相続人の財産に属した権利義務のいっさいを受け継ぐことであり、この場合の被相続人というのは亡くなった人のことを指しています。
受け継ぐことができる人は、被相続人の配偶者や子供などの、被相続人との続柄が一定の範囲にあった人に限られており、こうした人のことを法定相続人とよんでいます。
相続が開始されるのは、被相続人が死亡したときからであり、引き継がれる財産のことは相続財産とよばれます。
この相続財産としては、被相続人が所有していた現金、預貯金、土地や建物などの不動産、国債・社債や株券、自動車、宝石・貴金属、その他著作権や特許権のような権利まで、金銭的な価値があるものはすべて含まれています。
ただし、こうしたプラスの価値をもった財産だけではなく、マイナスの財産も引き継がれてしまうということもあります。
例えば、他人に対する借金、保証債務、損害賠償責任、未納になっている国税や公共料金の債務などといったものが挙げられます。
マイナスの財産については、限定承認などの方法によって、相続人が引き継ぐことを回避できる場合があります。
なお、運転免許証のように、被相続人の一身専属となっているような権利については、相続財産とは認められません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿