訴訟費用の内訳について

訴訟には刑事訴訟と民事訴訟があり、刑事訴訟は一般的には国費で行われますが、民事訴訟はその費用は最終的には敗訴者の負担になります。訴訟費用には裁判所に支払う訴訟費用と、証人や弁護士に支払う日当に大きく分かれ、さらに裁判所に支払う訴訟費用も細かく細分化されています。
裁判所に支払う訴訟費用には手数料とその他の物があり、手数料は一般的に訴訟を起こす際に必要なものです。手数料が無いと訴えが認められないため、まずは何らかの形で支払う必要があり、基本的には申請書に印紙の形で張付けるように定められています。金額は訴えの内容や段階により定められているので、詳細は弁護士などに確認することが必要です。
また、その他の費用としては裁判所が審議を行うための必要な書類を集めたりするための経費として必要なものです。これには書記官などの旅費や宿泊費なども含まれているため、この費用も事前の負担が無いと審議を行うことができません。したがって、訴訟を起こす際には、この費用を事前に用意し裁判所に納付する必要があります。
このように、訴訟の費用は最終的には敗訴した側の負担となるのですが、事前に費用が必要になるため、原告側が一時的に負担し、裁判の判断が下された後敗訴した側が支払うのが一般的です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿