損害賠償請求とは

日常生活においては様々な訴訟が行われますが、その中に損害を与えた対価として損害賠償請求があります。損害賠償は契約上の責任から発生する債務不履行や、契約外の責任で発生する不法行為において請求をすることができ、それは名誉棄損の訴訟においても行なわれます。名誉棄損は刑事問題になる場合が多いのですが、賠償金に関しての訴訟は民事事件扱いとなり、目的の金額が140万円以下では簡易裁判所、それを超えた場合には地方裁判所の管轄となります。名誉棄損の損害賠償に関しては知的財産権にある、各法律に対しての違反行為に行われるものであり、その法律も特許法から身近である商標法、また、著作権法など多くのものがあります。特に、著作権法は放送権や演奏権、展示権などがあり、中でも人格権は、名誉棄損訴訟ではよく耳にする言葉だといえます。知的財産権の侵害に関しては損害賠償の他に信用回復措置の請求や刑事上の制裁も手段としてありますが、他に侵害行為の差止め請求もあります。差止め請求とは知的財産権を侵害している者やおそれのある行為をしている者に対して、それをやめさせるように求めることです。裁判所に書類を提出すればよく、この場合、相手方に故意や過失があることは問題ではありません。損害賠償は金額の算定も難しく、精神的な負担も大きく関係してきますので、弁護士への委託が最良の方法だといえます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿