指定相続分について

家族や親族が亡くなったときに、その財産を受け継ぐ相続人となる資格のある人が誰であるのかは、民法とよばれる法律のなかで規定されています。
また、遺産を受け継ぐ割合についても、同じ法律のなかであらかじめ規定されており、これを法定相続分とよんでいます。
例えば、夫が亡くなって、その妻と子供1人が残されたという場合には、妻と子は遺産の2分の1ずつの割合を法定相続分としてそれぞれ受け継ぐということになります。
しかし、同じく民法のなかには、亡くなった人、すなわち被相続人が生前に遺言をする場合については、その遺言のなかで指定をしておけば、法定相続分として法律で定められた割合とは異なる割合により、遺産を相続させることができるものとしています。
この遺言によって指定された割合のことを指定相続分とよんでおり、遺産相続にあたり、法定相続分に優先して適用されることになっています。
ただし、それぞれの相続人には、遺産のなかの一定の割合を遺留分として受け取ることができるという権利も認められているため、もし遺言による指定によって遺産の多くの割合を受け継いだ人がいた場合には、他の相続人は、遺留分については引き渡すように請求をすることができます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿