授かり婚は幸せ?近年の授かり婚問題は夫婦に何をもたらすのか

妊娠がわかってからの結婚のことを以前は出来ちゃった婚と呼んでいましたが、最近では授かり婚と呼ぶようになっています。まだ結婚の約束をしていないのに、妊娠してしまった場合、事情によっては子供をおろすという悲しい決断をする場合もあります。そのことを考えると妊娠して結果的に結婚に至るということはとても幸せなことだと言わざるを得ません。しかし本当に良いことばかりなのでしょうか。まずやはり相手の家族に結婚の承諾を得る前の妊娠だった場合、いろいろなわだかまを生む可能性があります。それが後々の家族関係に尾が引くことは考えておいた方が良いでしょう。そして結婚の準備がまだな状態での妊娠だと、結婚式をする場合、出産までに十分な期間が取れなかったり、体調を考えながら進めなければならないため思っていたような式が出来ないということも考えられます。結婚式に多大な夢と希望を描いている女性は多いものです。結婚生活のスタートとなる結婚式への不満がその後の結婚生活に良くない影響を与えることもありますので、十分注意しましょう。そして、特に若いうちに妊娠がわかってから結婚した場合、結婚後に妊娠、出産したカップルよりも離婚率が高いという調査結果も出ています。本来、妊娠して子供が生まれるということは何よりも喜ばしいことです。それを不幸な結果にしないために、お互いの気持ちを確かめ合いながら結婚生活を過ごす努力をしていきましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿