差押えることのできない借金があるらしい

多額の借金を作ってしまい、後に破産を行う方も数多く存在しています。このケースでは現在では得意としている弁護士事務所が数多く存在していることによって、人によっては複数の選択肢によって解決することができる場合も見られます。しかし、破産することが決定した方の場合では、所有している資産に関しては破産管財人によって管理一切を行うことが基本とされているために、自由にならない部分が多々出てくることになります。大きな資産価値を持っているものがあれば、債権者に支払うことが原則とされており、必要最低限の生活を送ることが余儀なくされてしまうことになります。しかし、中には差押禁止債権というものも用意されていて、この点に関しては最低限の生活を送ることができるように配慮された内容を持っているものとされています。勿論、破産宣告を行って、その後に得ることができた資産に関しては、元々除外される部分になりますが、例えば最低限の生活を送るための衣服や布団、家具類、電化製品などでも認められている内容があります。食糧なども大切な項目とされており、現金であっても標準的な家庭が約2ヶ月程度の生活を送るための現金などは認可されることも一般的になります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿