裁判所で行う手続き

金銭的なトラブルとして、借りたお金を返済することが困難になってしまう状況があります。一般的にはキャッシングなどを利用されている方の多くは、得ている収入によって返済することができますが、限度を超えて借りてしまっている方や、事業などを興してそのまま破産してしまう方も存在しています。このケースでは自己破産を行うことによって、解決できる内容を持っている場合があり、実際に数多くの方が利用している方法としても知られています。自己破産の手続きに関しては管轄している地方裁判所に申立てを行うことが必要とされています。その際には必要書類を提出することになりますが、書類の中には破産申し立て書の他に陳述書や債権者の一覧、所有している資産の一覧などが代表的なものとされています。その後は破産審査が裁判所によって実施されることになり、免責許可についても同時に審査されることになります。その上で全てが認可された方の場合では、破産管財人が用意されることになり、所有している資産等を管理されることが一般的になります。この状況では資産価値を持つアイテムを所有している場合では、お金に変えて債権者に渡すことも行う場面も見られますが、借金そのものは免責されることが一般的になります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿