離婚のマイナス面を親からフォローする方法

結婚生活が上手くいかなくなった時に、最悪の場合、離婚に発展してしまう夫婦もいますが、他の人間が介在できる隙があるのであれば、それにより考えを改めてもらうといったことが可能です。例えば、離婚のマイナス面を伝える形で親がフォローするのです。
離婚をすることで、子供の苗字が変わり、それにより周りから好奇の目で見られてしまうことがあります。また、何か問題があった時に「あの子は片親だから」と言った偏見の目で見られてしまうこともあります。そういったことが問題の原因ではないとしても、周りからそうやって言われ続けて生きていくことは苦痛を伴います。
また、授業参観に来てもらえない、運動会を見に来てもらえない、など親不在の状態をストレートに味わうことになることもあります。
他にも、ショッピングセンターなどに出掛けた時に、周りは家族そろって楽しそうに買い物をしている中、自分たちは片親の状態でお店を回るといったことも経験しなくてはなりません。
このように、離婚をすることで、色々なことが変わっていき、子供への影響もさまざまな形で現れると言ったことを伝えてフォローしていくことが大切です。話を聞いていく内に冷静になってくることもあるでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿