離婚後300日問題!子供が無戸籍にならないための出生届

子どもが生まれた場合には、出生の届出をすることによってその子が戸籍に記載されることになります。
現在の日本の法律においては、夫婦の離婚が成立してから300日以内に出産した子供は、たとえ父親が違うとしても民法上ではどんな状況であれ前夫の子供としてしか出生届を受理されず、戸籍上も前夫の子として扱われることになります。また、このことから、母親が生まれてきた子どもの出生届を出さないことで、子どもが戸籍に記載されずに無戸籍になってしまうなどの問題が起きています。これを「離婚後300日問題」といいます。
この問題の壁となっている嫡出推定制度は、母子の間においては出産によってその親子関係が明白ですが、父子の間においては必ずしも明らかではありませんが、法律上の父子関係を早期に安定させるための民法上の制度となっています。
子供が無戸籍にならないためには、医師の作成した証明書により、婚姻中に妊娠した子ではないこと、つまり離婚後に妊娠したことを直接証明する場合、裁判手続において嫡出推定が及ばない事情を証明する場合などで、戸籍事務の担当者に、嫡出推定が及ばないということがはっきり証明できれば、戸籍は前夫の子とはしないという取扱いが可能となります。

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿