家庭裁判所調査官・参与員について

家庭裁判所調査官は、裁判官の指示を受けて、家事事件、少年事件についての調査と報告を行います。家事係では、離婚や親族間のトラブル、親権者の指定などに際して、当事者や関係者から事情を聞いて事実関係を調査し、審判や調停の参考になるような報告書を作成します。少年係では、非行を犯した少年の家庭や学校の環境、生育歴などを調査して、裁判官が少年の処遇を決定する上で参考となる報告書を作成します。調査官になるには、裁判所職員採用試験に合格し、採用後は裁判所職員研修所で2年間の研修を受ける必要があります。
参与員は、家事審判事件の手続きの際に審判に立ち会ったり、あらかじめ提出された書類を審査したりして、裁判官の判断に必要な意見を述べます。人事訴訟事件の証拠調べや和解の試みに立会い、裁判官に意見を述べます。参与員は、毎年家庭裁判所が選任している人の中から、各事件によって家庭裁判所が指定します。弁護士や不動産鑑定士、大学教授、地域社会に密着して活動してきた人などの中から、事件の性質に合わせて選任されます。参与員は、個別の事件ごとに指定される裁判所の非常勤職員です。裁判官が結論を出すときに、国民の立場で意見を述べることになりますので、大変重要な役割があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿