確定までの期間

自己破産が確定するまでの期間は、各手続きの種類が重なる事によって決まってきます。
自己破産を弁護士や司法書士などに申請して手続きの依頼をした場合、全ての債権者に対して負債の催促を止める旨を記した受任通知というものを送付する他、借金の額を正確に把握する必要があるので残りの額を債権者に対して依頼するのに1ヶ月から2ヶ月かかります。
その後は確定した借金の額に対して申し立ての書類などを作成する必要があり、それに必要な書類を集めるのにも1ヶ月程要します。
自己破産を申請する人の住所を管轄している地方裁判所に申し立て及びその他の各書類を合わせて提出します。
裁判所からは収入における各状況や返済ができない理由などを面接で聞かれ、裁判官が借金が返済できないと判断をすれば手続きが開始されます。
この場合、一部の地方裁判所では即日面接という制度を採用している所があり、弁護士が代理人を務める事で通常よりも手続きにかかる時間を大きく短縮する事ができます。
基本的に確定までは裁判所によって異なる場合も多く、申し立てを行ってから確定まで1ヶ月程度で済む裁判所もあれば、1年近くかかってしまう裁判所もあります。
自己破産の確定は時間がかかるものなので、心身共に強い気概で臨む事が大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿