夫婦間のトラブルが影響する?子供の引きこもりと家出問題

–¼Ì–¢Ý’è-2夫婦でよく喧嘩をしたり、言い合いをしたり仲が悪いと、子供へ悪影響を及ぼすことがあると知っていますか。ちょっとしたことから何げに言い合いになってしまったり、会話がなかったりする状況を、子供は意外としっかり見ているものです。そして、その時の影響はとても大きいです。親に対してなにも言わなくても、敏感に感じ取ってるものなのです。
親が不仲なのを見ると、落ち込んでうつ状態になっている子も少なくないです。そうなると、自分の部屋に引きこもり状態になったり、部屋から全く出てこない状況に陥るのです。引きこもりの数は、推定63万人とも言われており、大人になっても立ち直れないでいる人も多いのです。
また、親が喧嘩しているのを見るのが辛くなって、家出をしてしまう子供もいます。引きこもりや家出の原因が親自身にあることに気づいていないケースもあります。家出をすると学校以外の悪いグループに入ったり、非行へと走ってしまうこともあります。このように、親が思ってもいないかもしれませんが、不仲や会話がないことは、影響を与えているのです。
このように陥った場合、メンタル面へのケアをしっかりと行ってあげることが大切です。時には不登校や摂食障害などの症状が現れる場合もあり、しっかり見守ってあげることが大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿