夫婦の喧嘩が及ぼす子供の人生への影響

喧嘩をしてはいけないとわかっていても、子供のいる前で喧嘩をしてしまうとその後の人生にも影響が出てきてしまいます。親は、絶対的な存在なのです。絶対の存在である親が激しく言い争いをしているのですから、影響がないわけはありません。いつも勝ち負けが一方的だと、弱者を思う気持ちもある一方で言われっぱなしで情けない親だとネガティブな感情も湧き起ってしまうのです。しつけや成績、習い事など子育ての仕方で言い争う姿は心が痛むものです。両親がいつ喧嘩をするのかという状況は、不安定な心を作ってしまいます。不安定な子は、ちょっとしたことでキレたり他人を平気で傷つけたり勉強がつかなかったりと思わぬところで障害が出てきてしまうのです。そして心を閉ざしていくのです。不仲な家庭で育った子は、親に仲良くなってもらいたいという思いから人の顔色ばかりを伺うようになります。社会に出てからも、気を使いすぎる大人になってしまうのです。軽く考えずに、一生に関わる問題だということを親がしっかりと認識しておくことが必要です。将来的にトラウマになるようなヒステリックな言い争いや暴力などはやってはいけません。対お互いの気持ちになって話し合うことが大事です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿