増え続ける自己破産

自己破産とは、支払が不可能だと裁判所で認められ、免責が許可されると税金を除くすべての債務を免除してもらう手続きのことをいいます。借金で苦しんでいる人を解決する救済する方法の一つです。
一定以上の価値のある財産はお金に換え、債権者に配当されます。裁判所で定められた基準の超えない20万円以下の預貯金などの財産はてもとに残すことができます。
この手続きを行うことによって、債権者による強制執行などが行われないなどのメリットがある代わりに、借入が今後5〜10年間出来なくなる、住所や氏名などが国の発行する機関誌に掲載される、免責決定がされるまで、警備員や士業などの就けない職業が一部あるなどのデメリットも発生するのです。
借金相談への敷居が低くなった結果、増加傾向ありましたが近年では減少傾向にあったのです。しかし、東日本大震災の影響により、収支が合わなくなり借金の返済が困難なっている、という実情もありまた増加する傾向が出て来ています。
長期的に見て返済が困難である場合に、経済的に生活を立て直すためにもこの手続きがあります。
ある程度の財産はお金に換えられますが、生活に必要な家財道具や必需品、選挙権がなくなってり、仕事を辞める必要などはないのです。–¼Ì–¢Ý’è-2 テクスチャー19

コメントは受け付けていません。

最近の投稿