法的措置は裁判所で

パソコンやスマートフォンなどを活用することよるインターネットが場所と問わずに普及することによって個人団体問わずに随時最新の情報を発信ができるようになりましたが、しかし随時最新の情報を配信できることはプラスの面だけでなく使い方を誤ると個人団体にとって問題になることもあります。その中の一つにネット内に掲載してほしくない情報をのせてしまったことによる個人団体への風評被害であり、特にネット内においては一度文章だけでなく写真付きで掲載すると世界中のサーバーに広がってしまい消せなくなってしまうため永遠に残ってしまうことがあります。その場合仮に個人団体が起こした風評被害が全く関係ない状態になってしまったとしても、そのネット内の情報が拡散したことによって社会的信用度の損失などの悪影響を常に受け続けることになるのです。その問題は現在広まりを見せていることによって、その関係のない情報を掲載した人に対しての個人団体の対処法として裁判所から掲載を禁止することを進言できる掲載禁止の仮処分請求を請求できます。この請求によって相手に送った警告で即座に掲載をやめれば仮なので穏便に事が済みますが、しかし警告したことにも関わらず掲載し続けた場合には裁判所に出廷して名誉棄損で訴えることができます。この場合の名誉棄損においてはお互いが話し合って示談を行い、この掲載情報をやめさせると共に賠償金として被害の限度によっても変化しますが最低で50万円以下の罰金を請求することができます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿