必要書類の備

家庭裁判所の調停・審判で離婚が成立しなかった場合、裁判を起こして離婚を認める判決を得る必要があります。調停を行わずに訴訟することはできません。また、離婚の請求とともに、親権者の指定、養育費の請求、慰謝料の請求なども行います。
離婚訴訟は、夫または妻の住所地の管轄家庭裁判所か離婚調停を行った家庭裁判所に起こしますが、このとき次のような書類が必要です。
「訴状」は、どのような内容の判決を出してもらいたいかという「請求の趣旨」とその理由を述べる「請求の原因」を書きますが、法規に基づいて作成する必要があります。法律的知識が必要ですので、弁護士など専門家に相談するとよいでしょう。提訴には、これを2通提出し、裁判所はこのうちの1通を呼び出し状とともに被告に送達します。
「夫婦関係調整事件不成立調書」は、家庭裁判所での調停が不成立だったことを示す証明書です。
「夫婦の戸籍謄本」も準備します。
離婚裁判では、審理が1ヶ月に1回のペースで開催され、審理が尽くしたところで判決になります。判決後、2週間の控訴期間中に相手が控訴しなければ離婚が成立し、相手に不服がある場合には高等裁判所に控訴して、裁判の手順を繰り返します。離婚訴訟は最低でも1年近くかかり、相手が控訴するとさらに長引きます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿