被相続人の取引と安全性

相続というと残された財産を引き継ぐもの、とだけ考えている方も多いことでしょう。しかし、相続の意味というものはそれだけではありません。被相続人と呼ばれる亡くなった人もそれまでは何らかの取引をしていたかもしれません。その処理が終わっていないうちに亡くなってしまった場合、その処理を誰かが引き継いで行うことが必要な場合もあります。相続はそういった処理も含めて引き継ぐことであり、それによって取引の安全性を保っていくことになります。
そのため、通常の形の相続ではプラスの財産だけではなくマイナスの財産も引き継ぐことになります。単純に財産が入ってくるというだけではなく、義務も引き継ぐことがあるのだという事を認識しておきましょう。
もしマイナスの財産が大きいようなら、相続放棄や限定相続という方法をとる場合もあります。相続放棄はそもそも相続しないというものであり、限定相続はマイナスの分をプラスの財産で支払った後、プラスの財産が残った倍だけ引き継ぐという形です。これらを行うには3か月という期間制限があります。このように考える期間が短い背景には、引き継ぐかどうかが決まらない不安定な状態が続くことを避け、取引の安全性を高めるための規定という事ができるでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿