破産したら全てチャラ?

破産する場合、その手続きは破産しようとしている人の住所地を管轄する地方裁判所で行われることになります。
破産することにより、破産の申し立てをした人が負っている借金などの債務は、基本的に一切消滅することになります。
この破産手続きによって消滅する債権を破産債権といいます。しかし、この債権者は一切返済を受けられないとは限りません。破産者に財産がある場合、それを売却、換金してそこから返済してもらえる可能性があります(もちろん全額というわけにはいきませんが)。
破産者がある程度以上経済的価値のあるものを持っている場合、基本的にそれらは破産財団に組み込まれることになります。多額の預金や株、貴金属、不動産、ある程度高価な自動車などがこれに該当します。
破産財団に組み込まれたそれらの財産は、最終的に売却され、破産によって不利益を被る債権者への返済に充てることになるのです。
ただし、破産を申し立てたひとの日常生活に必要なものなど、一定の範囲のものは破産財団に組み込まれることはありません。この財産のことを「自由財産」といいます。破産者が自由に利用、処分できる財産ということです。
ただし、破産を申し立てた人にとりたてて財産がないような場合には、このような扱いにはなりません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿