反省しない努力しない、同じ失敗を繰り返すタイプの人にありがちなこととは

良好な人間関係を築いていくために必要なことの一つに、失敗を繰り返さないというものがあります。人間は完璧ではありませんから、少なからず、ビジネスの場でも、私生活の場でも失敗をしてしまうものです。しかし、問題はそこからです。その時の反省のレベルによって、また同じ失敗を繰り返すことがあるからです。
同じ失敗を繰り返してしまう人にありがちなのが、危機感のなさです。「失敗してもちょっと謝れば何とかなる」と軽く考えているような人は、緊張感のない生活をすることになりますから、結果としてまた同じ失敗を繰り返しがちです。
例えば、交通事故は同じ失敗を起こしてしまったら大変なことだと誰でもすぐにわかるでしょうが、人間関係の日々のトラブルだと、生命に関わらなかったりすることで、軽視しがちです。しかし、こういったことが蓄積されていくと、暴力沙汰や離婚などの大きな問題に発展する恐れがあります。
ですから、その失敗が、決して軽いものではない、ということをしっかりと伝えて、危機感を持ってもらうことが大切なポイントと言えます。もしまた同じ失敗をしたら自分はダメ人間だ、と思わせたり、相手が凄く嫌な思いをする、と言ったことが伝われば、失敗の一歩手前で踏みとどまってくれることもあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿