どこからが名誉棄損?どこまでが侮辱?

実際の社会生活からインターネット上まで、幅広いシーンでトラブルに遭遇してしまうことがあります。現在実際に頻繁に発生している性質を持っているものには、名誉棄損と侮辱があります。これらは共に該当する個人を誹謗中傷している内容を持っていることになりますが、名誉棄損と侮辱に関しては厳密にはそれぞれ異なる罪に設定されていることが基本とされています。名誉棄損罪の場合では、事実を挙げた上で、人の名誉を傷付ける内容を持っており、インターネット上の書き込みであっても適用されるケースが目立ちます。本来であれば真実ならば罰せられることが無いと解釈されている方も存在していますが、この点に関しては公益性を持った内容に限定されているために、注意が必要とされる項目になります。侮辱罪の方では真実ではない内容を公表されることによって初めて適用される内容を持っており、単に侮辱されたという事実だけではなく、不特定多数の方の前で公表される際に罪として成立する部分に関しては、名誉棄損と同じ性質を持っていることになります。現在では弁護士によって解決できる内容も多く、実生活上では勿論ですが、インターネット上の書き込みに対しても対応できる内容を持っていることによって、不具合を感じた方は専門家に依頼してみることがおすすめです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿