場合によっては嘘も?上手に離婚を説明する方法

離婚は夫婦関係のことなので正直に話しをすることができないということもあるので、周りの人には聞かれたら答えるという人も多いと思います。でも家族には離婚という事実を伝えなければならないのです。特に子供に離婚の事実を伝える時は気を使うと思います。子供の年齢や精神的な問題があると思いますが、原因を伝えなければならないことは変わりありません。小さい子供に対しては離婚ということだけを伝えるので十分だと思います。それ以上の理由を伝えることは小さい子供にとっては重すぎるので避けた方がいいでしょう。年を重ねるにつれて、詳しい説明を求めてくると思います。何が理由で離婚に至ったのかということを知りたい年頃の子供の場合は、どこまでの事実を伝えるかを子供に話しをする前に自分で決めておくことが必要です。全てを包み隠さず伝えることが良いという場合ばかりではありません。家族のそれまでの関係にもよると思います。時には嘘もついても良いのです。子供にとって親は特別な存在なので、子供の性格や受け取り方を知っているのは親です。離婚という事だけでも傷ついてしまっているのに、それ以上の事実を伝えることが適しているのかということをしっかり考えて、話しをしづらい原因なら嘘をついても構わないのです。一番に考えるのは子供のことでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿