愛着障害、愛着遮断症、反応性愛着障害、被虐待児症候群……離婚が引き起こす子供の病気

夫婦仲が険悪になると、離婚を考える人も多いと思います。しかし、子供がいる夫婦の場合、離婚によって子供に多大なる影響を及ぼすことがあります。実は、離婚によって子供が病気になることがあるのです。多くは精神的なものですが、その種類は多岐にわたります。その一つの「愛着障害」は、夫婦の離婚によって保護者との安定した愛着が経たれることによって、反抗的あるいは破壊的な行動を起こすようになるものです。他人と上手く関わることが出来ず、親密な人間関係が結べないのが特徴です。また、これとよく似た「反応性愛着障害」は、長期にわたって不適切な環境で育ってきた子供が、目を合わせない、視線をそらすなどといった極端に不安定な行動を取ることを指します。この障害も、夫婦の離婚が原因で起こるものの一つです。そのほかにも、「愛情遮断症」という病気も存在します。これは、親から十分な愛情を受けられなかったことが原因で、体や心の成長に障害をきたすものです。前述の2点と異なり、身長をはじめとする体格に影響を及ぼすのが特徴です。この病気の子供は低身長になることが多く、「愛情遮断性低身長」と呼ばれています。そして、「被虐待児症候群」は親からの虐待によって子供が発症する精神疾患です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿