‘2016/03’ カテゴリーのアーカイブ

経済的余裕があるのにケチなタイプの人にありがちなこと

2016/03/24

経済的に余裕ありながらケチな人にありがちなのは、多くの人の前では社交的で羽振りが良く、高級な車や服装を身にまとい、経済的余裕があることを見せつけて、大口を叩きます。恋愛中も、デートはおしゃれなレストランで、記念日には豪華なプレゼントをくれて、旅行にも頻繁に連れていってくれます。部屋はスイートなどランクが上のもので、まるでお姫様のような気分にさせてくれます。しかしそんな裕福な面を見せながら、レストランではクーポンを使ったり、旅行はネット割引を活用していることが少なくありません。そして付き合いが長くなると、プレゼントのランクも落ちてきます。付き合った当初は高い値段のものをプレゼントしてくれていたのに、どんどん安いものになってしまいます。プレゼントは気持ちが大事ですから値段は関係ありませんが、あからさまなランクダウンは気付きたくなくてもわかってしまいます。そういう人は、結婚するとケチ度がさらにパワーアップします。釣った魚にエサをやらないという言葉がぴったりあてはまるように、おしゃれなレストランどころか、どこにも遊びに連れていってくれなくなります。結婚しても財布は預けてくれず、必要最低限の生活費しか渡してくれないということがあります。

女癖の悪いタイプにありがちなこと

2016/03/24

男女の人間関係において重要なことと言えば、心変わりです。心変わりが起きる原因と言うのは色々とありますが、その一つが、高収入で社交的であるということです。
一見、何の問題もないように見えますが、これは一歩道がずれれば、他の女性に心が向いてしまうことになります。こういった能力に優れているということは、それだけ人生の選択肢が増えると言うことになります。もちろん、高収入で社交的な人、誰もがこういった人であるとは限りません。女性に意識が行きがちなことには理由があります。
それが、女好きで、恋愛感情にだらしない部分があると言うものです。こういった人にありがちな行動として、例えば、テレビを観ていてきれいな女優さんやアイドルが映ると、見る目が変わったり、街を歩いていてきれいな人がいるとジッとみつめたりするというものがあります。とにかく何かにつけて、女性に執着心がある面が見られます。そして、見たり思ったりするだけで終わるようであれば、大した影響はありませんが、高収入で社交的であれば、行動を起こせることになりますから浮気に走りやすくなるわけです。
こういったことを防ぐ一つの手段としては、自分を磨くと言うものがあります。人のことはなかなか変えられませんから自分が変わるのです。自分が魅力的な人間であることが相手に伝わり、大切にしないと損をすると思ってもらえれば、それがいくらか抑止力になるものです。

高収入で社交的、お金もあるから離婚出来るタイプの人にありがちなこと

2016/03/24

恋愛から婚約へ、第2の社会人生活は、結婚から始まります。2人が住む住居、場所選びなど、楽しい生活に希望が溢れています。しかし、子供が生まれ生活に安定が出始めると、夫の浮気、女性問題が表れてきます。特に、高収入を得ている人、自由なお金を使える男性は、他の女性に浮いた心を奪われやすくなります。

誠実でやさしかった夫が、子供が生まれた頃から少しずつ変化するのもお金に余裕があるからと言えます。社会生活で必要なお金、生活費を求めて、人は働き遊ぶ事を行います。仕事が出来るほど、人脈、接待、忙しくなり奥さんへのサービス、愛情が減ってきます。実業家の多くは、生活費より、いい車、住居、女性を目的に働く傾向が高くなると言えます。

そのため、奥さんに浮気がバレて離婚を持ち出されても、また、新しい女性を見つければいいという考えが必ずあります。実業家は、人脈が多いため異性と知り合うチャンスも高いものです。高い収入を得ているため、離婚後の養育費の心配も少ないと言えるでしょう。しかし、離婚調停、養育費の問題は、結構長引くケースがあるので仕事が手に付かない人も多いみたいです。夫の女性問題は、人生の悩みとして奥さんに出くわす確立が高いので永久に答えは、難しいと言えるでしょう。

相手のミスにこだわり根に持つ、器の小さいタイプの人にありがちなこと

2016/03/24

人間関係のトラブルに発展しやすい人の特徴の一つに、自分には寛容であるが、相手に対しては厳しい態度をとる、と言うものがあります。自分にも厳しいようであれば、目標値の高い努力家のように映ることもあるでしょうが、自分に甘いようであれば、ご都合主義ととられて、器が小さいと思われても仕方ありません。
ちなみに、こういったタイプの人にありがちなことが、プライドの高さを思わせる立ち振る舞いです。例えば、経済力もあって頭の良さもあるなど、色々な能力が高い人の場合は、自分よりも能力の劣る人のことを許せないと思うことがあります。具体例としては、自分が働いていることで家族が生活して行けている、と言うように思っている人の場合、何か言われると、立場をわきまえろと言わんばかりの態度で決して謝らないことがあります。
大切なのは、人にはそれぞれ優れている所と劣っている所があり、人間関係を通して、それを補い合って行き、お互いを尊重し合うと言う意識を持つことです。器の大きい人は、こういったことを理解しています。仕事でも私生活でも、自分が苦手な分野のことをカバーしてくれる相手の存在に気付き、感謝の気持ちを伝えていくことが良好な人間関係を築いていくことにつながります。

語る夢と現状がかけ離れているの人タイプの人にありがちなこと

2016/03/24

子供の時に抱いた夢が現実のものになっているかどうかは、気になる点でもあるのです。大人になればどんな人でも現実的なものの考え方をしていくことになり、いろいろな事柄を学んでいきます。きちんと自立して生活していく必要性に迫られていることもあるため、堅実的なものの考え方をする人も現代は増えているのです。年齢に応じて現実との折り合いを付けながら適宜目標を立てるといったスタンスも、実際のところは関連しています。
現状とかけ離れているタイプに見える傾向としては、常に周囲に空虚な目標を語り努力を怠っている人が多いので、そういったケースが当てはまるならば、十分注意していくことが大切です。目標を達成していくには地道な努力やある一定の下準備が不可欠にもなっていくので、実際に叶えた人によるエピソードなどにも触れながら適宜現実との距離を見ておくことが大事になってきます。
更には、社会的な慣習に適応できているかどうかといった部分も確認するのが重要です。自己中心的に傾かぬように、常に客観的かつ冷静な姿勢をキープしていけるような行動を心掛けていくのも大切なのです。ゆえに困難に遭遇した場合、きちんと大人の対処ができるかがボーダーラインにもなっています。

なにかと責任感がないタイプの人にありがちなこと

2016/03/24

人間関係を築いていく上で、相手のどういった所に気を付けて行くかと言うのは大切なことです。ポイントを押さえておかないと、その人のいい加減な面を軽視したり見過ごしてしまったりすることがあるからです。
例えば、いい加減な人の特徴の人として、責任感のなさが挙げられます。何か始めてもすぐにやめてしまったり、自分がやると決めた仕事を何か適当な理由を付けてやめてしまうなど、自分の行為を正当化する無責任さが見られるものです。
ちなみに、責任感がない人は、飽きっぽい人でもあります。すぐに飽きてしまうため、何をしても長続きせずにやめてしまうわけです。これは仕事のこともそうですし、家の中での家事、炊事などにも言えることです。面倒臭い、やりたくない、つまらない、と言った気持ちが根底にあることで、無責任な態度をとってしまい、すぐに放棄してしまうわけです。結局の所、自分勝手だと言うことです。
こういった人の意識を改善するためには、いかに自分が無責任で我儘かと言うことを自覚させることが大切です。例えば、平日毎日一生懸命働いている人であれば、帰ってきてご飯を食べてお風呂に入ったらすぐに寝たり、休日の日は遅くまで寝ていても理解できます。これは、それだけの働きをしているからです。責任感のない人には、どれだけの働きをしていて、どの程度の甘えが許されるのかを自覚させることが大切です。

酒癖が悪く記憶をなくすタイプの人にありがちなこと

2016/03/24

お酒は百薬の長とも呼ばれており、適度に飲む分には体に良いと言われています。
また宴会などでお酒を酌み交わすことによって、いろいろな人との親交が深まり楽しいひと時を過ごすことができます。
お酒は上手く飲めば、悪いことは決してありません。
しかし中には、記憶をなくすまでお酒を飲んでしまう人もいます。
また酒癖が悪く、お酒を飲むと人に当たってしまったり暴力を振るってしまう人もいます。
真面目な人に限って、そのような人が多いみたいです。
普段大人しくて優しく真面目な人が、酒を飲むと人が変わってしまうことがよくあります。
その理由としては、日頃ストレスをため込んでいてお酒によってそのストレスが爆発してしまうことが挙げられます。
お酒を飲むことによってストレスが爆発して、カッとなる状態になってしまうのです。
それでは周りの人にも迷惑ですし、自身にとっても良いことは何一つありません。
記憶をなくすまでお酒を飲むのは、嫌なことをうまく発散できずに何もかも忘れてしまいたいと考える人にありがちなことなのです。
酒を飲むことによってストレスを解消するのは悪いことではありませんが、記憶をなくすまで飲んでしまうのは大変に危ないことです。
それを知っていながら記憶をなくすまで飲んでしまうのは、周りに迷惑がかかってしまいます。
そのような人は、酔いが覚めたら自分の酒の失敗に対して申し訳なく思い皆に謝罪をします。
しかしそれでも飲まずにはいられなくなり、また記憶をなくすまで飲んでしまい同じことを繰り返してしまうのです。

反省しない努力しない、同じ失敗を繰り返すタイプの人にありがちなこととは

2016/03/24

良好な人間関係を築いていくために必要なことの一つに、失敗を繰り返さないというものがあります。人間は完璧ではありませんから、少なからず、ビジネスの場でも、私生活の場でも失敗をしてしまうものです。しかし、問題はそこからです。その時の反省のレベルによって、また同じ失敗を繰り返すことがあるからです。
同じ失敗を繰り返してしまう人にありがちなのが、危機感のなさです。「失敗してもちょっと謝れば何とかなる」と軽く考えているような人は、緊張感のない生活をすることになりますから、結果としてまた同じ失敗を繰り返しがちです。
例えば、交通事故は同じ失敗を起こしてしまったら大変なことだと誰でもすぐにわかるでしょうが、人間関係の日々のトラブルだと、生命に関わらなかったりすることで、軽視しがちです。しかし、こういったことが蓄積されていくと、暴力沙汰や離婚などの大きな問題に発展する恐れがあります。
ですから、その失敗が、決して軽いものではない、ということをしっかりと伝えて、危機感を持ってもらうことが大切なポイントと言えます。もしまた同じ失敗をしたら自分はダメ人間だ、と思わせたり、相手が凄く嫌な思いをする、と言ったことが伝われば、失敗の一歩手前で踏みとどまってくれることもあります。

絶対に自分が正しいと思いがちな自己正当化タイプの人にありがちなこととは

2016/03/24

自分に自信を持つというのは、とても良いことです。しかし、すべて自分が正しいと思うことはよくありません。
自分が間違っていると認めることは、意外に勇気がいるものです。できるものなら自己正当化して、自分の考えや行動が正しいことだと思いたくなるのは、よくある心理状態でしょう。
ただ、このような心理状態が多くの人にあると言っても、「もしかしたら自分の考えや行動は間違っているかもしれないから、他の人の意見も聞いてみよう」と、意識的に多くの人の意見を取り入れようとする人は、自分の間違えにも気づきやすく、幅広い視野で物事を見られるようになります。
ところが、常に自分が正しいと思い込み、他の人の意見を聞こうとしない人は、物事を見極める能力も低くなり、詐欺などの犯罪に巻き込まれる可能性も高くなります。また、人の意見を全く受け入れない人は、自分の意見も受け入れてもらえないことも多いのです。
自分と意見が違う場合でも、とりあえずは人の意見を聞いて、それについて最初から否定せずに、自分なりに考えてみるという行動をするだけでも、周囲の人からの評価も上がります。これは、簡単なことのように思えますが、常にそういう意識を持っていないと、なかなか実行できない人が多いのも事実です。
そして、人の意見を聞いて間違いに気づいたとき、自分に自信をなくす必要はありません。間違いに気づいた時に、人の意見と自分の意見を照らし合わせて考えるという行動を積み重ねれば、良い考えが見つかり、新たな自信へとつながっていくからです。

バツありで離婚を繰り返す男のタイプと行動パターン

2016/03/24

犬03 バツありの男は、再婚ができたとしても、結局離婚を繰り返してしまうものなのです。離婚を繰り返す男は、女癖が悪いことがあげられます。一度失敗をしているにも関わらず、結局浮気を繰り返してしまうのです。食事中に何度も携帯電話をチェックしたり、頻繁に電話がなって席を立つということが繰り返されている場合は、浮気を疑うべきなのです。そんなに夜遅くに仕事の電話は普通はかかってきません。さらに、着信があったにも関わらず出ようとしなかったり、その着信をごまかそうとしたりする男も要注意です。女からかかってきている可能性が高いのです。不倫などが原因で別れている男は、女好きである場合が多くあります。一度痛い目になっているはずなのに、すぐに別の女性に目がいってしまうのです。再婚ができたとしても、すぐに別の女性に目移り犬04をしてしまい、こそこそと出かけるようになるのです。見つからなければいいと思っている男は意外と多いのです。女癖の悪い男というのは、なかなか直るものではありません。一生女癖が悪いままという場合が多くあるのです。結局、別の女のもとに遊びに行く傾向が強いので、罰のある男と結婚を考えている場合は、きちんとチェックをしてからがいいのです。

最近の投稿