‘2015/10’ カテゴリーのアーカイブ

オトコの極度な潔癖症が周りを苦しめてしまう理由とは

2015/10/20

男性と付き合い始めて仲を深めていく時には、色々な点を見ておくことが大切です。恋は盲目と言いますが、その状態で色々なことに目をつぶって結婚まで行ってしまうと、後になって結婚には向いていない人だとわかり、困ることになってしまう恐れがあるからです。
結婚に向いていない人の特徴としてよく挙げられるのが、我儘なことです。自分の中でルールがあり、そこに固執して曲げることができず、協調性を失っていったりして、一緒にいる人との関係を悪化させてしまうことがあります。
例えば、極度な潔癖症の人の場合、一見その人だけの問題に見えるかもしれませんが、一緒にいるを苦しめてしまうことがあります。飲食店に行ってお皿やコップを神経質にチェックして、ちょっとでも何かあると取り替えてもらったり、ちょっと手が汚れただけでイライラし出して、石鹸できれいに手を洗わなくては済まなくなるなど、清潔感のレベルが過剰すぎると一緒にいる人にも影響を与えてしまうものです。
もし結婚生活の中で子供が生まれることがあれば、赤ちゃんのよだれを拭いたり、オムツを替えたりすることは、こういった人にはとてもできないと感じてしまうでしょう。また、結婚することで、家の掃除や親の介護など、色々なことがあるわけで、そういったことに直面する度に神経質に振る舞われては、周りがまいってしまいます。

自分への理想像が強すぎるオトコに気をつけたほうがいい理由

2015/10/20

自分への理想像が強すぎるオトコに気をつけたほうがいい理由で覚えておきたいのが、こうした人と結婚をすると結婚生活の中で様々な事柄からトラブルになりやすいことです。ある意味、こうした性格の人はわがままと呼ぶことができ、自分が納得できることを追及するためにはあらゆることを犠牲にすることがあり、それが相手にとってはかなり辛いものでストレスとなることがあります。そうなると、やはり結婚生活を継続することが難しくなるので離婚をする可能性は高くなります。基本的に人は誰でも様々な事柄に対してこだわりを持っているものであり、それを追及するからこそ人生は楽しいものとなります。しかし、現実的には自分が求めているものに対して半分でも納得することができるとよいほうであり、そのバランスを考えながら生活をしていくのが普通です。あまりにもこだわりが強いと、それを満たすことができるまでずっと追求してしまう人がいますが、そうした人と結婚することになった場合は少々気を付けておきたいものです。話し合いをするなどして妥協してくれる人でなければ、お互いの価値観に大きなズレが生じやすくなるので、しっかりと相手を見極めるようにしましょう。

ギャンブルがひどいオトコとは結婚できない

2015/10/20

結婚したいと思っている男性は、自分は本当に結婚して妻と子供を経済的にも、精神的にもきちんと養っていけるか、といったことをよく自問することがとても大切です。もちろん人間だれしも、欠点はありますので完璧な人はいませんが、しかしもし結婚生活を妨げるような習慣や性格を持っているなら、はやめに改善する必要があります。例えば、パチンコ、麻雀、競馬、競輪、といったギャンブルの習慣を持っている男性は、女性としては結婚に踏み切るのに躊躇するでしょう。もちろん、しっかり自分で限界をきめて、ストレス解消の範囲内で行える男性ですといいのかもしれませんが、自分の収入を超えて借金をしてまで行うようであれば、それは依存症です。結婚したら、治るという問題ではありません。それで、もしそういう習慣を持っているなら、早めに断ち切るようにしましょう。また、あまりにもわがままで、意志が強くて絶対に自分の意志を通す男性には女性は魅力を感じません。いつまでも、子供のようにわがままをいっているようではだめなのです。それで、周りから自分の性格を指摘されたなら素直に認めて、結婚して妻と子供にあわせられるような性格になるように真剣に努力しましょう。

女好きで浮気症だと結婚は難しい

2015/10/20

仕事態度は真面目で、年収や社会的地位が申し分無くても、女好きで浮気症の男性は、結婚には向きません。女性に気に入られたい気持ちが強いので、服装がお洒落だったり、女性が喜ぶ飲食店や言葉をよく知っていたりするので、とてもモテますし、女性から見ても、そのような男性は魅力的に写る場合があります。しかし、交際するには魅力的でも、結婚となると、相手の誠実さや堅実な考え方が必要となりますし、お互いの価値観が合っている事が望ましいです。結婚前に、浮気症が発覚した場合には、結婚後に帰宅が遅い時や、出張の際に、疑いの気持ちや不安感が付きまとってしまいますから、精神的に安定する事ができません。そのような状態が続く事が、安易に想像できるので、浮気症の男性とは結婚しない方が良いです。もし、浮気する事を理解し、それを許す事ができたとしても、子供が誕生すると、育児に協力的でなかったり、子供との時間を疎かにする可能性があるので、良い家庭を築く事ができません。夫婦二人だけの問題でなく、子供も交えた家庭全体や、親戚関係にも影響を及ぼすかもしれないので、年収や地位に誤魔化される事なく、心から尊敬し信頼できる相手でなければ、幸せな結婚生活は望めません。

つらい壁があると逃げるオトコは結婚に向かない

2015/10/20

結婚生活というのは、男女の性別に関係なく誰もが理想とする、憧れるものです。
頼もしくて子供好きな夫、美人で優しい良妻賢母な妻、可愛い子供、
そして夢の一戸建て、といった風に幸せな結婚生活を描く人も多いことでしょう。
しかし、全ての人間が結婚に向いているかというと必ずしもそういうわけではありません。
結婚をすると必ず幸せになる、何もつらい事はない、家族が力を合わせれば乗り越えられる、
そう考える人が多い中にあって、つらい壁があると逃げる男性もいます。
仕事や友人関係などでつらい事があるとすぐにその環境から逃げる道を選ぶ人は、
結婚生活でも同じようなことをする傾向にあり、
例えば子育てもその一つで、子供が産まれてすぐの時には
赤ちゃんとの意思疎通などできませんし、毎日のように夜泣きをしたり、
排泄物の世話などもしなければなりません。
仕事もあるのにどうしてこんなことを、などと考えてしまい、
育児がつらいと判断してそこから逃亡しようとすることもあるでしょう。
それはつまり妻や子供の不幸に繋がりかねないことを意味します。
そのような男性は結婚に向いていません。
自分がつらい事から逃げることと家族を守ること、どちらを優先するかとなると、
やはり自分が逃げて楽になることを選んでしまうからです。

ワガママで意志が強いオトコが結婚に向かない理由

2015/10/20

意志が強いということは、それ自体としては美徳です。困難な社会生活のなかで出世を遂げていくためには、むしろ必要な資質であるとさえ言えます。とはいえ、相手を思いやる優しさを併せ持っていなければ、せっかくの宝も持ちぐされというもの。それどころか、我をおしとおす悪い面が表に出てしまうと、「ワガママ」と呼ばれる状態に達してしまい、目も当てられません。このような性格のどういう点が、結婚生活における問題行動として現れるのでしょうか。たとえば夫婦のように、お互いの距離がこのうえなく近い関係においては、とうぜん価値観のすれ違いが生じることもあります。そして我の強すぎるオトコの場合、このすれ違いをうまく消化することができないのです。なぜなら「自分が悪いかもしれない」とは絶対に思わないため、妥協点を見いだすことができないからです。そのくせ、パートナーが自分の思いどおりに動かないと、ちょっとしたことで不機嫌になったりします。しかもそのプライドの高さから、どうしてもらいたいのかハッキリ言うこともできません。むしろ「言わなくても察してくれ」などと無茶なことを要求してきます。あるいは承認欲求が強すぎるため、何かとパートナーに褒めてもらわないと気が済まないという面を見せたりもします。このような性格のオトコが結婚に向かないのは、火を見るより明らかですよね。

独身時代からずっとお金感覚と生活が変わらないオトコ

2015/10/20

一般的にやはり、配偶者と共に生きる、更に子供が産まれるとなると、生活に対して責任感を持つようになり、経済的にも家族が、できるだけ豊かに生きられるように、独身時代とは異なる仕事の熱意を当たり前のように、持ちます。
土台として多くは、経済的に潤いを欲しい人が社会で若い時期に様々なことを堪え忍び、出世欲を持ち、仕事に対する向上心に繋がります。
ところがこういった傾向を持たないオトコも事実、存在します。
自分のことがよっぽど大事で、家族より自分が大好きなのか、育ってきた家庭環境で甘やかされてきたのか、そもそも仕事というものに執着が無いのか、理由は様々ですが、そんなモチベーションでは家族の生活が危うい状態に陥るかもしれません。
そしてそのままでは、オトコ自身もやがて生活は苦しくなります。
しかしオトコは職場で周りと同じように、情熱が持てません。
多くのお金や、名誉や地位を欲しがらないことも大きな理由のひとつです。
他人と違った考えをしてしまう、違った考えばかり選んでしまうオトコは、自分だけでなく、結婚して、家族まで苦労することになりかねません。
あとから後悔しても仕方なく、どうにも首が回らなくなってからでは遅いのです。

人に合わせることができない協調性のないオトコとは

2015/10/20

一緒にいるパートナーが我儘だと、色々と気を遣ったりして苦労するものです。具体的な例としては、人に合わせることが苦手な、協調性のない人というのがいます。こういった人が自分のパートナーだと、身内の付き合いの場や友人との付き合い、近所付き合い、買物や旅行などの出掛けた際に、不快な思いをしてしまうことがあります。
なぜ人に合わせることが苦手なのか、その理由の一つに、甘やかされて育ったというものがあります。学校の勉強、受験、就職、人生には色々な分岐点がありますが、そういった大事なポイントを通過する際に、特に努力もせず、また努力するようにも言われずに生きてきた人は、世の中取りあえず何とかなる、と思ってしまうものです。ですから、自分のことばかり考えるようになり、自分をどんどん甘やかせることにつながっていきます。苦労して勉強して行きたい学校に進学したり、部活に打ち込んで仲間とコミュニケーションを取るようなことをしてきた人は、のほほんと構えているだけでは世の中上手くいかないと言うことがよくわかっています。
ですから、人に合わせることができない人の心を改めさせるには、そのままでは自分にとっても良くないし、周りにも迷惑をかけると言うことを教えて行くことが大切です。

甘えがひどく、忍耐力や我慢できないオトコ

2015/10/20

女性が男性に要求することの一つで、我慢強くて男らしい性格、ということです。しかし、最近は女性の方が強くて男性の方が弱くいつも女性に頼っているカップルはたくさんいます。付き合っている間はさほど気にならなくても結婚となるとそういうタイプは難しいでしょう。どんなに女性がしっかりしていても、やはり家族の頭は夫です。夫として、また父親として家族を養っていく責任があります。家族を養う責任の中には、経済的のみならず精神的に支える必要があります。しかし、甘えがひどく、忍耐力がないなら結婚生活は難しいでしょう。仕事で嫌なことがあったらすぐにやめたり、家庭内でちょっとしたトラブルが生じたら自分の親に助けを求めるようであれば、妻からも子供からも信頼されないでしょう。それで、もし男性の立場で結婚したいと思う女性がいるなら、自分は夫として、また父親としての責任をきちんと果たせるだけの性格や力量だろうか。ということをよく考えましょう。そして、もし自分に足りない部分があるなら改善しましょう。また、女性の立場であるなら、自分が結婚しようとしている男性は夫として、尊敬できる人かどうかを考えてから結婚に踏み切りましょう。

結婚前にチェックしたい!結婚に向かないオトコとは

2015/10/20

}PgžxQ付き合っていたときは良かったが結婚したとたん人が変わるというオトコの人もたくさんいるのが現状です。
残念な結果にならないために、結婚前にチェックしておく必要があります。
結婚に向かない男として挙げられるポイントはいくつかあります。
まず第一に金銭感覚はどうかをチェックします。
色々なプレゼントをくれたり食事代金などを支払ってくれる人は付き合っているときはいいかもしれませんが、結婚してみたら貯金が全くないもしくは借金もあるという場合もあります。
結婚後も同じようにお金を使うために家計にいれないという人もいるため、お金の使い方をよく見る必要があります。
}PgžxQ母親に対する態度はどうかで将来妻に対する態度がわかります。
自分の母親を大切にしない人が妻を大切にすることはないため将来、家事をしてくれる便利な家政婦扱いをする可能性があります。
最近は共働きの家庭が増えているため、家事や育児に対する考え方の違いがあると大変なことになります。
家事や育児は女性の仕事と決めつけているオトコは結婚後に何も手伝わないこともあります。
収入が高く専業主婦を望んでいるのであればまだ良いですが、働いて家計を楽にしてほしい、でも家事は全部妻がやるべきという考えを持つ人もいます。
教育しなおしても手伝ってくれるようになりそうにない場合は結婚しないほうが良いといえます。

 

最近の投稿