‘2014/08’ カテゴリーのアーカイブ

調停離婚の注意点

2014/08/26

今の時代、離婚を決断するという夫婦は少なくなりません。その証拠に、かなりバツイチやバツニといった人たちが多い現実があります。

猫07
通常、双方の言い分を話し合いで解決できれば、自分たちの力で離婚を成立させることができるのです。これがほとんどの場合ですが、それがうまくいかないときには調停になります。

 
調停になるのは、協議で話し合いを重ね、うまくおさまらなくて離婚に至らないといったときや、暴力や相手の顔も見たくないというような話し合いにも応じられない状態のときなどです。

 
離婚への話し合いをしたいという人が申し立てをして、地域の裁判所から双方にくるように呼び出しがあります。同日に行うのですが、当時同士が顔を合わせないように配慮をして、地域の有識者などが務める男女一名ずつの調停委員が間に入り、事情などを聞いて話を進めています。月に一度程度の話し合いを設け、6ヶ月くらい進めて成立しなければ、審判、裁判といった形になります。

 
調停での注意点では、話を続けていく上で相手が弁護士をお願いしたりして、向こう側が有利になったり、途中から話がぶれてしまうこともあるので、そういったことにならないように対抗できるような術を身につけておきましょう。

 
6ヶ月程度でこういった形で調停離婚が成立すれば、条件などを記した正式書類を作ってもらい、離婚が成立するのです。

最近の投稿